ひろしま白内障手術情報局

広島で白内障治療・白内障手術をご検討の方へ
日本眼科学会認定眼科専門医が白内障治療の最新情報をお届けします

眼内レンズの種類

単焦点眼内レンズ

保険診療可能な一般的な眼内レンズです

保険診療可能な従来の眼内レンズでピントを遠くか近くのどちらかだけにだけ合わせることができます。
術後ピントの合わない距離を見るためにはメガネを併用していただく場合が多いです。
山村眼科では濁りにくく術後長期的にクリアな視界が保てるレースカット製法のレンズをご用意しています。

※レースカット製法とは

レンズの原材料を丁寧に削ったり磨いたりして眼内レンズを製造する特殊な製法です。
原材料を型にはめて作るだけの通常の製法よりも製造の手間がかかりますが、濁りにくく術後長期的にクリアな視界が保てるといわれています。

[メリット]

  • 保険診療が可能なため金銭的負担が少ない(保険ご加入の方は医療診断でほぼまかなわれる)

[デメリット]

  • 遠くまたは近くに焦点が合わないので日常生活でメガネを併用する場合が多い

[費用]

  • およそ10万円(両目、3割負担の場合)
※レンズの画像はイメージです

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見える、遠近両用眼内レンズです

従来の眼内レンズとは違い遠くも近くも焦点が合うように作られた新しいレンズです。
「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」の先進医療実施施設の認定を受けた眼科施設で施術可能です。
山村眼科ではこちらもレースカット製法のレンズをご用意しています。

山村眼科では濁りにくく術後長期的にクリアな視界が保てるレースカット製法のレンズをご用意しています。

[メリット]

  • 遠くも近くもピントが合うのでメガネや老眼鏡が不要になるケースが多い

[デメリット]

  • 中間距離で焦点が合いにくい箇所が出てくる
  • 混合診療となるので金銭的負担が大きめになる
  • 夜間光が眩しいと感じることがある(時間とともに軽減すると言われている)
※レンズの画像はイメージです

 

多焦点眼内レンズ見え方のイメージ

次の2枚の写真は、単焦点眼内レンズまたは多焦点眼内レンズを用いて、白内障の手術を終えたあとの見え方の違いをイメージしたものです。

[単焦点眼内レンズの場合]

遠方ははっきり見えるが、手元はぼやけてしまう

遠方にピントが合う単焦点眼内レンズの場合は、遠方ははっきりと見えますが手元はピントが合いにくくぼやけて見えてしまいます。
この場合、老眼鏡を用いて手元を見る必要があります。
近くにピントが合う単焦点眼内レンズを用いた場合はこれとは逆に手元にピントが合いますが、遠くのものがはっきりと見えません。

[多焦点眼内レンズの場合]

遠方も手元もはっきり見える

多焦点眼内レンズの場合は、遠くにも近くにもピントを合わせることができるためメガネも老眼鏡も必要なくなる場合が多いです。

多焦点眼内レンズの種類

テク二スマルチ

日本国内で最も普及している多焦点眼内レンズです。2焦点回折型構造。暗所でも手元が比較的見えやすいですが、夜間運転時などに光が眩しく見えるハローグレア現象があります。

手術費用:片眼351,000円、両眼702,000円
選定療養適用により手術費用に保険が適用されます(別途、選定療養費片眼140,000円,両目280,000円が発生しますが、全体でのご負担額は軽減されます)
選定療養についてはこちら

テク二スシンフォニー
テクニスマルチの新シリーズとして開発されたエシェレット回折型構造の多焦点眼内レンズです。遠方から中間がより自然な見え方に。テク二スマルチに比べてコントラスト感度の低下が少なく、ハローグレアも少し抑えられています。ただし、近方の見え方は少々劣るため、読書などは老眼鏡の使用が推奨されます。

手術費用:片眼399,600円、両眼799,200円
選定療養適用により手術費用に保険が適用されます(別途、選定療養費片眼160,000円,両目320,000円が発生しますが、全体でのご負担額は軽減されます)
選定療養についてはこちら
シンフォニー(トーリック)

テクニスシンフォニーの乱視適用タイプです。

手術費用:片眼453,600円、両眼907,200円
選定療養適用により手術費用に保険が適用されます(別途、選定療養費片眼180,000円,両目360,000円が発生しますが、全体でのご負担額は軽減されます)
選定療養についてはこちら

三重焦点眼内レンズ

遠くと近くだけでなく中間距離にもピントが合う最新の眼内レンズ

多焦点(二重焦点)眼内レンズの弱点であった眼から50センチから1メートル程度の中間距離にもピントが合う最新のレンズです。
この中間距離は「人と人が顔を合わせて話すときの距離」とも言われているため、コミュニケーションにおいて中間距離の視界を重視されかつ、メガネを使いたくないかたに喜ばれるレンズです。

[メリット]

  • 近くも遠くも中間距離もすべて焦点が合うのでメガネをかけずに生活できる可能性が高い

[デメリット]

  • 自由診療(保険適用外)なので治療費が割高になる(国内認可レンズは選定療養対象となり、保険が一部適用されます)
※レンズの画像はイメージです

 

三重焦点眼内レンズ見え方のイメージ


遠くも近くも中間距離もはっきりと見えます

 

三重焦点眼内レンズの詳しいご紹介(動画)

三重焦点眼内レンズの種類

FINE VISIOIN
"遠方と近方"、"遠方と中間"の2種類の二重焦点レンズを組み合わせた二重構造となっており、従来の二重焦点眼内レンズではピントが合いにくかった中間も見えやすくなっております。コントラスト感度も良好、ハローグレアも抑え目となっております。

手術費用:乱視なしの場合で片眼486,000円、両眼972,000円。乱視ありの場合で片眼540,000円、両眼1,080,000円
FINE VISION EDOF
FINE VISIONのEDOF。EDOFはExpanded Depth of Fieldの略で、焦点を結ぶ距離が広いという特性があります。これによりハローグレアが軽減され、夜間も自然な見え方になります。

手術費用:片眼540,000円、両眼1,080,000円
ミニウェル・レディー
球面収差を利用して遠方から近方まで自然な見え方を実現した全く新しいタイプの多焦点眼内レンズです。ハローグレアもほぼなく、夜間運転や暗所作業にも適しています。

手術費用:乱視なしの場合で片眼486,000円、両眼972,000円。乱視ありの場合で片眼540,000円、両眼1,080,000円
パンオプティクス
2019年に日本で認可されたばかりの最新の回折型構造の3焦点眼内レンズ。高い光利用率を有し、瞳孔径への依存を低減する独自の光学テクノロジーを有することで遠方視を犠牲にすることなく、中間、近方の3つの焦点で良好な裸眼視力を提供いたします。

手術費用:片眼486,000円、両眼972,000円
選定療養適用により手術費用に保険が適用されます(別途、選定療養費片眼230,000円,両目460,000円が発生しますが、全体でのご負担額は軽減されます)
選定療養についてはこちら
パンオプティクストーリック
パンオプティクスの乱視適用タイプです。

手術費用:片眼540,000円、両眼1,080,000円
選定療養適用により手術費用に保険が適用されます(別途、選定療養費片眼250,000円,両目500,000円が発生しますが、全体でのご負担額は軽減されます)
選定療養についてはこちら

選定療養について

2020年4月より、国内で認可された多焦点眼内レンズを用いた白内障手術に関しまして、手術費用部分のみ保険が使用できる選定療養という制度がスタートいたしました。
選定療養とは、追加費用を負担することで、保険適用外の治療を保険適用の治療と併せて受けることができる医療サービスの一種です。

多焦点眼内レンズの費用は、医療費控除の対象となります。
詳細は確定申告の際に税務署までお尋ねください。

医療費控除の対象となる金額の計算方法